賃貸生活研究所
賃貸 > 賃貸の基礎知識 > 退去の立会いで気をつけることは?
賃貸博士で勉強しよう!
このコーナーは賃貸生活全般のテーマに対し不動産屋さんが講師となりいろいろな参考意見を聞かせてくれるところじゃ!地域や慣習、不動産屋さんの立場によっても考えが違うと思うが、様々な意見を聞いて賃貸生活の勉強してみよう!

 


退去の立会いで気をつけることは?

知り合いが引越しして2週間経過します。大家さんから何度も「ドアが壊れている」や「フローリングにキズがある」とか連絡がきて困っているようです。自分も近々引越しの予定がありますので、退去の際に困らないようにしたいと思っています。立会いの際など気をつけることは何かありますか?

>>直に不動産屋さんに相談したい方
>>いろいろな人に相談したい方

立会いに先だち、部屋を借りたときの契約書、特にその特約条項の部分を読み返されることをお勧めします。退去時の精算については「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」準拠で進めるケースが増えましたが(ざっくり言えば故意過失による損害は入居者負担、それ以外は大家さんの負担と考えます)そこから外れた請求をされるとすればその根拠は契約書にあるはずです。そういった各条項を把握してから立会いに臨み、理由があれば支払いに同意し、理由がなければ断るのが一番です。

反対に、曖昧にしたまま先送りにする、分からないから全部拒絶することは揉める種を自ら作ることと同義です。その場でお互いに確認し合い、納得できるように準備をした上で当日を迎えて下さい。

 答えていただいたのは・・・
株式会社天極
埼玉県川越市岸町2−7−5 らくだビル2F
TEL 049-291-5500 / FAX 049-247-7440
 
東武東上線沿線、川越エリアを中心に賃貸仲介からリフォーム、資産管理まで不動産に関わる全般に取り組んでおります。不動産を借りたい方も貸したい方も、是非アパートプラザにご相談下さい。
       

1月の他の授業もチェック

  ■ 三月に引越しなので契約日を延ばして欲しい!

  ■ ベランダや換気扇下での喫煙について。

 



人気の新着物件情報!

博士ドットコムシリーズ
不動産 アニメ 漫画の不動産人情物語 怒須黒仙次郎 激!社会版 連載中
© HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.